入社一週間、当面の課題は壁じゃなくて距離

 

春ですね。僕は社会人になりました。

 

社会人生活とっても楽しいです。
でも、悩みというレベルではないのだけど、気になったこともあって。
今日はそれをタイトルにしてみました。

上には上がいることを思い知る

僕の会社では先輩と一緒に仕事していて、先輩の指示やフォローのもと働いています。
当然のことだけど先輩は自分よりバリバリ仕事ができるわけで、その人のペースに食らいつくように仕事をしなくちゃいけなくって。
まだ全体観も知識もない僕は翻弄されるように食らいついて仕事しつつ、意識して勉強して知識を定着させているって感じです。
同じ土俵で、自分より何段も格上の人と一緒に働いているこの感覚が、学生とは明らかに違うなって思うわけです

んでその時に思うのは、壁じゃなくて距離なんです。
僕は基本的にポジティブなので、分からないことが多い分だけ成長の余地があるなって思うのですが、その距離がまあ長いこと長いこと。
先輩は遥か彼方にいるし、先輩の先輩はもっともっと先にいます。
まだ入って一週間だから仕方ないよねって自分で自分を許しつつ、一方で眼前の果てしない道のりに途方に暮れている最近です。

じゃあそんな時、前に進み続けるにはどうしたらいいんだろうかって考えてみました。 

 

伴走者を増やすこと 

すぐにできることと言えば、自分だけじゃないって実感することじゃないでしょうか。

例えば、先輩と話す機会を増やすこと。
あんなに仕事ができる先輩も、最初は自分と同じだったんだなって実感すると、僕一人じゃないんだなって安心します。
更には、先輩は最初の時期をどう乗り切ったのかって聞くと、自分に取り入れることができるから道標みたいに出来て心強いですよね。

先輩って本当に頼りになるなって思うのです。うちの会社は幸い優しい方ばかりで、「分からんことあったら何でも聞けよ!」って言ってくれる人ばかり。本当に有難い話です。
先輩には、遥か遠くで今なお走り続ける目標であると共に伴走者になってもらってます。 

 


明日からまた一週間が始まります。
まだまだ道のりは長いですが、走る楽しみを味わいながら邁進していきます。

広告を非表示にする